Tag Archives: airmac extreme

AirMac Extremeのランプ

Tuesday 23 September 2008

UFO型ベースステーションには白いLEDが3つあったのですが、新型ではひとつだけです。色は、状態によってオレンジとグリーンに変わります。

結構明るいAirMac ExtremeのLED

結構明るいAirMac ExtremeのLED

これが、本体の控えめなデザインに比べてかなりポップというか、明るいランプです。まあ、セットする場所によっては、ちょっとうるさいこともあるかも。たとえば、寝室とかだと、もしかしたら周りがうっすらと緑に照らし出されるような感じになるかもしれません。
オレンジもグリーンも、ちょっと中間色っぽい色相ではありますが、明るさが結構あるのです。でも、もちろん基本的には嫌な色ではありません。

で、そのLEDが前面にはひとつしかないわけですが、エラーがなければ常時グリーンに点灯なので、データが行き来する様子が分かりません。MacやiPhoneにもそういうハードウェアによるインディケーターはないので、トラブルのときの手がかりがないよなあ、と思っていたら、ベースステーションの方では設定を変更することができました。

  1. AirMacユーティリティでベースステーションに接続する
  2. 「ベースステーション」をクリック
  3. 「オプション…」ボタンをクリック
  4. 「ステータスランプ」で「動作時に点滅」を選ぶ
ベースステーションの「オプション」ダイアログ

ベースステーションの「オプション」ダイアログ

最後にベースステーションを再起動(アップデート)すると、データのやり取りがあるときにLEDが点滅するようになります。

AirMac Extremeを買いました

Sunday 21 September 2008

iPhoneをリビングルームで使っていて、無線LANの電波が徐々に弱くなってきているのに気づきました。9月に入ってからのことです。最初はコードレス電話との干渉などを疑ったのですが、電話の方をオフにしてもダメ。つながるときはちゃんとつながるんですが、10分とか20分とか使っているうちに、電波がすごく弱くなってしまう。

それで、これはもしやAirMac Extreme Base Station(白いUFO型)の故障かも、と思い始めました。まだはっきりとは判りませんが、もしかして、今年の夏が暑すぎて、コンデンサーだかがいかれたのかも、とか…。
登場してすぐに買ったものなので、もう5年以上電源をいれっぱなし。そろそろ壊れるということもあるかも知れない。とにかく、その間まったくトラブルはなかったし、デザインは面白いし、すごくお買い得な製品だったと思います。

で、いくつか検討しましたが、結局、長く使える高品質なもの、ということで四角いタイル型のに置き換えることにしました。

UFO型に比べると形に面白みはないですが、EthernetのLAN端子が3つ付いている(UFO型は1個)し、USBにHDDを接続するとLANの中で共有できる(UFO型もUSB端子は付いていましたが、共有できるのはプリンターだけ。HDDの共有はできませんでした)。

802.11nというのも、もしかしたら何かしら効果があるかも知れない。
といっても、よくよく調べてみると、iPhoneは11bと11gにのみ対応ということになっている。11n対応じゃなかったんですね。iPhoneの処理能力からいって必要ないのかもしれませんが。

iMacからの接続が速くなるでしょうか。インターネットへの接続はマンション棟内のネットワークがボトルネックになるので、あまり関係ないと思いますが、LAN上のHDDにアクセスするときには、11nが役立つと期待しています。

そして何より、AirMacは管理が楽です。アクセスポイントの管理にHTMLを使った製品は汎用性がありますが、AirMacは独自のアプリケーションになっている分、やはり使いやすさでは遥かに上です。
実際セットアップしてみると、本当に箱から出して20分ですんでしまいました(古い方を箱に入れ直す時間込み)。
前のAirMacの設定をそのまま引き継ぐというボタンがあったので、何もせずにほぼ同じ環境に。うちは別に多数のユーザーを抱えているわけじゃありませんが、ネットワークのダウンタイムは、のべ5分といったところでしょうか。

唯一、MACアドレスでのアクセス制限の設定だけは引き継がれなかったので、現在フリーな状態。これは明日やろうと思います。

HDDを接続する設定も、ごく簡単でした。ただし、これはどうやって使うかをまだ考え中。全員にドライブ全体を開放することも、アカウントを作ってユーザーごとに切り分けることもできるようです。
(アスキーの参考記事)

設定が楽だというのは、実はセキュリティーの面でも重要だと思います。なぜなら、面倒な設定が必要だと、ついつい何かのときにそれを省いてしまうからです。「まあ、使えているからいいか」となってしまうのです。実際、今回MACアドレスでの制限をまだやっていないのは(明日やりますってば)、ワンクリックでは済まないからです。
セキュリティーと利便性というのは原則的には相反するのだと思いますが、総合的に考えてAirMacは最上級に効率がいいと実感します。

白くて丸いのはACアダプター、黒いのはHDD、白はモデム、緑のはプリンターへ

白くて丸いのはACアダプター、黒いのはHDD、白はモデム(WAN)、緑のはプリンターへ

背面を見て気づいたのは、EthernetのジャックにLEDが付いていること。
普通のルーターなどではよくありますが、インディケーターが嫌いなアップル(?)にしては珍しい、と思いました。

それから、某社の無線LANセットと並べてみました。
いや、あまりに、その、箱のデザインが違いすぎて…。(^^;

何か両極端な…

何か両極端な…