iPhone 5s用のケースを買う

Saturday 23 April 2016

 愛用の108円ケースが取り扱い中止(?)になったようで最近見かけません。似たのはあるんだけど、それは耐久性が低くて(落としたりしなくても)すぐに割れてしまいます。ということで、Spigenというところの革のケースを買ってみました。
 SpigenというのかSGPというのか、よくわかりませんが、このメーカーのケースは以前iPhone 4のときにもバンパータイプを買ったことがあります。今回もそのバンパータイプの5版にしようかと思ったんですが、なんか好みの色がなかったため、たまたま見つけたレザーケースにしました。
 やたらと頑丈なプラスティックのパッケージに入って送られてきましたが、それが傷だらけで一瞬不安に…。

すごく肉厚なパッケージで、象が踏んだりしなければ壊れなさそうです。

すごく肉厚なパッケージで、象が踏んだりしなければ壊れなさそうです。

 が、中を開けると全く本体はまったくきれいだったのでよかったです。

ほんの少し、野球のグラブのような匂いがします。すぐ消えちゃうけど

ほんの少し、野球のグラブのような匂いがします。すぐ消えちゃうけど

 ケースの内側は、当然のごとく柔らかい素材でカバーされていて、なぜかシリアルナンバーが。これは、Spigenのサイトにアクセスして、このナンバーを入れると純正なものか偽物かがチェックできるんだそうです。iPhoneケースにすら偽物が横行しているんですかね。まあ、考えてみればこんな単純な製品に高い値段をつけすぎてる感はありますよね。

純正品かどうかチェックできるナンバーが貼ってあります

純正品かどうかチェックできるナンバーが貼ってあります

 本革製品ということで、よく言えば手作り感、悪く言えば雑な感じがちょっとあります。アマゾンのレビューでも「ちゃんとはまらない」と書いている人もいるみたいですが、手元に届いたものは特に問題なく装着できました。バラツキがあるのかもしれませんね。

ほんの少し、革の厚みとかに歪みがありますが、使ってるうちに変わってきます

ほんの少し、革の厚みとかに歪みがありますが、使ってるうちに変わってきます

 手に持った感じは、やわらかい。やっぱりプラスティックや金属とは違った暖かみがあります。特にサイド部分は少し厚みがあり、柔らかくて、いい感触です。

いかにも革っていう感じのテクスチャーに、目立たないロゴが入ってます

いかにも革っていう感じのテクスチャーに、目立たないロゴが入ってます

 下部の作りは十分余裕があって、LightningコネクターもBelkinのドックShureのイアフォンも問題なく使えます。

Shureのイアフォンをつないだところ

Shureのイアフォンをつないだところ


 iPhone本体が白だから、白革を買ってみましたが、それはやっぱり、すぐ汚れますよねえ。何か革製品なりの手入れ方法とかがあるんでしょうけれど、面倒臭いのでやっていません。😅 そういうのをちゃんとできる人には、とてもいい感じの製品なんじゃないかと思います。ぼくみたいな人には黒革をお薦めしたいのですが、もうなくなっちゃったかな? アマゾンで検索しても出てきませんねー。🙁